カテゴリー別アーカイブ: 普通科

7月8日(木)臨時休校

井原高校の生徒の皆さんへ
 本日7月8日(木)は、午前7時の時点で井原市に大雨警報が発令されているため、臨時休校とします。
 なお、本日予定されていた試験は、7月12日(月)に実施します。
 この対応は、生徒手帳に書いてある規定とは少し違います。十分注意してください。

 なお、月曜日に試験が実施される場合も南校地(園芸科・家政科・地域生活科)では、7月10日(土)の授業公開dayは実施する予定です。

【普通科2年生】課題研究の「いろは」~情報収集と分析力~

 「なぜだろう?調べてみよう!もっと調べてみよう!あ、わかった!でも、なぜかな…?」- 探究のプロセスでは、答えが1つではない「問い」に対して、繰り返し繰り返し考えることでより深く考える力が育まれます。5月7日(金)の2年生の総合的な探究の時間には、情報を集めて分析し、ビジュアル化することで、論理的に伝えるスキルを学びました。次回は自分が興味・関心のある学問分野について「問いを立てる」手法を学び、今後の課題研究のテーマ設定につなげていきます。日頃の疑問やワクワク、ドキドキする好奇心を将来の研究や社会貢献につなげていきたいですね。2年生の皆さん、あなたの「夢」を大切に探究を続けましょう。

【普通科2年生】探究の一歩を踏み出す!

4月16日(金)総合的な探究の時間のスタートです。2年生の教室では、①手帳を用いた1年間の目標設定、②キャリアパスポートへの1学期の目標の記入、③志望学部学科と社会問題のつながりを考える活動が行われました。HRでは1学期の具体的な目標の発表も行われました。クラスメイトの真剣な姿に刺激を受け、一人ひとりが新学期に志を新たにできたようです。

総合的な探究の時間では、自らの興味・関心を大切にしながら、地域や企業、社会に目を向け、SDGs(持続可能な開発目標)の達成や社会の諸問題解決のために探究を行います。一人ひとりの将来の進路にもつながるよう、社会の疑問や問題をジブンゴトとし、課題解決能力や論理的思考力、プレゼンテーション力などさまざまな力を身につけていきたいですね。

【普通科1年生】もうすぐ2年生!~3月の風景より~

生活委員による1年間の振り返り(学年集会)
保健委員による担架の使用方法の説明(学年集会)
Googlemeetの活用(小論文ガイダンス)

 2020年4月に井原高校に入学した1年生もあと1か月で2年生となります。第5回定期考査最終日の3月2日(火)には学年集会で1年間の振り返りを行いました。クラスを代表して、各クラスの生活委員がこれまでの学校生活を振り返り、発表しました。入学直後には不安だった高校生活も、今では多くの友人ができ、学習にも慣れ、充実した日々になっているようです。集会では、保健委員による発表もあり、校内の担架の使い方や新型コロナウイルス感染予防に向けた手洗いの励行など、分かりやすい説明がありました。集会の司会者を含め、どの生徒も堂々としており、1年間での成長を感じました。

 3月4日(木)には、Googlemeetを活用し、オンラインによる「小論文ガイダンス」がありました。作文と小論文の違いとは?課題型小論文とは?データ型小論文とは?など、さまざまな角度から「小論文」について知識を深めることができました。今回の活動を小論文のスキルアップだけでなく、社会の諸問題について探究していくための機会にしていきたいと思います。

 

【普通科1年生】★企業☆仕事☆夢☆未来☆社会貢献★~企業説明会発表会~

2月17日(水)-1年生の教室では「企業説明会発表会」が行われました。1月に井原市で実施された「高校生のための合同企業説明会」での学びを深め、井原市の企業の魅力や働きがい、企業とSDGs(持続可能な開発目標)との関わりなどについて、各グループが創造性を発揮し、スライドを用いてプレゼンテーションを行いました。業種は多岐に渡っており、企業だけでなく、社会全体や自らの職業について考える良ききっかけとなったようです。どのグループも「聞き手に伝わるプレゼンテーション」を目指し、工夫を凝らしていました。

 「生徒たちの発表は個性あふれるもので、堂々としており、安心しました。井原で育った皆さんに、将来良き人材となって、ぜひ井原のために貢献してほしい。」-これは見学に来て下さった企業の方の感想の一部です。プレゼンテーション力も今後ますます社会で必要となります。今回の経験を今後の学校生活にも活かしながら、それぞれの進路を実現し、地元そして社会に貢献できるよう応援したいと思います。

 「『未来』にまた一歩近づきましたね。人との出会いを大切にこれからも学びを続けましょう。」