カテゴリー別アーカイブ: 厚生課

【厚生課】合宿前健康相談、熱中症予防講習会を実施!

7月31日(水)午後から、北校地にて
夏休み中に合宿を予定している部の生徒の【健康相談】と
運動部を中心とした部の代表生徒への【熱中症予防講習会】を
北校地校医の森本先生にしていただきました。

講習会の方では、熱中症を予防するための水分補給の仕方
(補給のタイミング、ドリンクの種類など)や、実際に熱中症が
起こった場合の対処の仕方などを教えていただきました。

〈講習会の様子〉

最近では、早朝や夜でも【暑さ指数:WBGT】が高いので
ハイリスクな環境下で活動をしている部活動もあるのではないか
と思います。

こまめに休憩をとり、とにかく自分の体調の変化をしっかりと
観察して、少しでも「いつもと違う」と思ったら、決して無理をせず
活動を中止する勇気を持ってください。

仲間同士で声を掛け合い、休むことを許し合う関係づくりも大切です。

配布したタブソルトは水分に混ぜて、適度に塩分も摂取しましょう!

【保健委員会】備西ブロック研修会に参加!

7月30日(火)午後から、矢掛高校にて行われた

備西地区高等学校の生徒保健委員研修会に南北2名ずつ、計4名の

代表生徒が参加しました。

〈研修の様子〉

研修の内容は【元気行動回復プラン:WRAP(ラップ)】というもので

まず全員が、自己紹介のような「チェックイン」という活動を行った後

ワークを行う上でのルールとして「この場でみんなが大切にしたいこと」を

参加者が考えて、同意の上で作り上げました。

〈講師の方とみんなで決めたルールなど〉

そして、自分にとっての「希望」ってなんだろう?や

「いい感じの自分」ってどんなときの自分か?を考えて

その自分から遠ざかっているときに、どんな方法やアイテム(「元気の道具」)を

使って元気を取り戻しているかを思い起こして書き出してみました。

他校の生徒からも積極的な発言があり、和やかな会となりました。

(むりに喋ることはないので、発言が苦手な人も安心です。)

最後に「チェックアウト」をして、研修終了です!

席が隣になったことで、自然と打ち解け、他校同士つながりあった

生徒も中にはいたようでした。貴重な機会でしたね!

しんどいな、余裕がないな、というときに

今日の研修で書き出した「元気の道具」を1つでも試すことで

☆元気回復☆していけたらいいですね!

【厚生課】救急救命(AED)講習会を開催!

7月5日(金)

井原消防署より3名の講師の方に来ていただき、北校地武道場にて救急救命(AED)講習会を

開催しました! 参加者は、各部活動(運動部・音楽部・演劇部)の代表者と教職員です。

AEDの使用を含む心肺蘇生法を中心に、大変丁寧に教えていただきました。

 

<実技講習の様子>

心臓の病気の有無にかかわらず『胸部への衝撃』により、AEDの使用を必要をする

心室細動(心臓のけいれん)が起こったり、心停止になったりすることもあります。

たとえば、ボールやバット、ラケット、人の肘や肩、膝などが胸を直撃した場合など

軽い接触でも起こることがあります。

 

また、これからの時期は、プールや河川、海などでの事故にも注意が必要です。

学校での体育や部活動のときだけでなく、日ごろから安全には十分に気を付けましょう。

お出かけ先でどこにAEDがあるか、チェックしておくのも良いですね!

 

“もし” 目の前で、突然人が倒れたら・・・ 既に倒れている人を見つけたら・・・

そんなとき、躊躇なく心肺蘇生法を実践できるよう、繰り返し復習しましょう!

日本学生支援機構 大学等予約奨学生について

日本学生支援機構大学等予約奨学生について

大学・短期大学又は専修学校専門課程に進学を希望している人に対し、進学前にあらかじめ奨学金の貸与を約束する「予約採用制度」の申し込み手続きが始まります。予約奨学金の種類は次のとおりです。

(1) 第一種奨学金  無利子  成績は評定平均3.5以上
(2) 第二種奨学金  有利子  利率は年3%を上限とします
(3) 給付奨学金   給付   成績は評定平均3.5以上、世帯収入の上限あり(ガイド参照)

奨学金を希望する場合は、説明会に必ず参加し、期限を守って手続きを行ってください。

【1年生】教育相談ワークショップを実施!

4月24日(水)本校スクールカウンセラーの倉橋先生を講師にお迎えし、教育相談ワークショップ「コラージュと勇気づけ~よりよい人間関係を作るために~」を実施しました!

今年度も、北校地・南校地混合の班に分かれて「コラージュ作り」というワークをしました。

宿泊研修が終わってすぐのタイミングだったこともあってか、あちらこちらで拍手が起こったりと、とても和やかな雰囲気でワークに取り組むことができました。

<ワークの様子>

北校地の保健委員が司会進行、南校地の保健委員がお礼の言葉を担当しました!

このワークショップを機に、今後、科が違う同級生とも、積極的にかかわっていけるとよいですね!

【保健委員会】避難所運営ゲーム「HUG」をしました!

1月29日(火)放課後、南北合同の生徒保健委員会を行いました。

今回は、12月に行った「南北合同学校保健委員会」で発表・提案をしてくれた

生徒会2年生の古川さんに講師をお願いして、避難所(H)運営(U)ゲーム(G)

=「HUG」をしました!

簡単に説明すると「災害時に北校地が地域の避難場所になったら・・・?」という

想定で行うシュミレーション訓練です。

グループを作り、校内の地図・避難者のステイタスが書かれたカード・ペンを用意して

避難者カードを地図上に配置していきます。いろいろな地区から、年齢も国籍も異なる人たちが

避難してきているので配置には工夫が必要です。中には負傷している人やインフルエンザに

かかっている人、ペット連れの人もいます。受付や仮設トイレはどこに置いたらいいかも

考えなければなりません。

グループによって、まったく違う狙いで配置されているのを見て回るのも面白かったです。

今回は古川さんがファシリテーターとなり、全体を見ながら、生徒から生徒へ

自分の学び(「世界津波の日」2018高校生サミットより)を伝達講習してくれました。

今度は生徒保健委員から、自分のクラスの同級生たちに発信していきましょう!

【保健委員会】南北合同学校保健委員会を開催!

昨年12月20日(木)に、南北合同で学校保健委員会を行いました。

今年度は、平成30年7月豪雨という大きな水害がこの岡山で起こったこと、

本校でも被災した生徒や復興ボランティア活動に参加した生徒がいたこと等を受けて

学校医・学校歯科医・学校薬剤師の方々、PTAの方々、生徒会・保健委員会の代表生徒

教職員が一堂に会して《防災》について、協議しました。

 

事前にとった生徒対象のアンケート結果をもとに、まずは生徒が発表・提案をしました。

生徒の発表・提案を受けて、大人もそれぞれ意見を述べました。

今後《防災》として、自分たちに準備できることは何か、

いざ災害が発生したらどう動けばよいのかを考えるいい機会となりました!

【2年生】性教育講演会を実施!

11月14日(水)「大人になるって?」というテーマで

たんぽぽ助産院・虫明さとみ院長をお招きし、約1時間の講演を聴きました。

妊娠や性感染症についてのお話だけでなく、大人になるとはどういうことなのか、

命はなぜ大切なのか、生徒たちの想像を超えた『性』教育だったようです。

 

保健委員の生徒が司会、お礼のあいさつを務めました。

虫明先生、ありがとうございました。