校歌・校章

 

岡山県立井原高等学校校歌

大月 実 作詞
文谷 功 作曲

 桜の花の 舞うほとり
つどいて むすぶ 学びの輪
命 かがやけ いまここに
ああ ときめきの わが母校
われらが われらが 井原高校

小田の流れに 風そよぎ
友と語らう 雲はるか
心 つなげよ 次の世に
ああ とこしえの わが母校
われらが われらが 井原高校

弓の山並み 仰ぎ見て
ためて放つは 希望の矢
夢を射止めや 天高く
ああ うるわしの わが母校
われらが われらが 井原高校

 

 

 

井原高等学校校章の由来

井原市の「井」の文字と高等学校の「高」の文字を組み合わせたデザイン。また、井原市の花「さくら」の花びらを2枚重ねたデザインは、人と人とが支えあう姿を表し、井原高等学校が目指す誠実で心豊かな人間の育成を表現したものである。この柔らかさと力強さを併せ持つシンプルな形の中に、清流小田川のせせらぎとさくらの花びら、響く歓声をイメージし、爽やかな若者達の限りない成長を願ったものである。

 

20081127-DSC070342

岡山県立井原高等学校校歌

 

 

 

kousyou