カテゴリー別アーカイブ: 北校地1年

【普通科1年】総合的な探究の時間「オープンキャンパス報告会」

 普通科1年は9月17日(金)6,7限に「オープンキャンパス報告会」を実施しました。
 この夏休みを利用して、生徒それぞれがオープンキャンパスに参加した内容を1枚のポスターにまとめ、そのプレゼンテーションを本校体育館で行いました。オープンキャンパスは実際に大学に行くことができた人、リモートで参加した人など、参加形態は様々でしたが、それぞれが学び感じたことを、グラフや写真、イラストなどを使ってまとめ、発表しました。生徒たちは、緊張しながらも、相手に分かりやすいように発表し、聴く側の生徒もしっかりとした態度で聞き、感想を書いて発表者に渡す等、温かい雰囲気で報告会を実施することができました。

【普通科1・2年】学部・学科ガイダンス

 7月13日(火)5,6限に1・2年生合同で『学部・学科ガイダンス』を行いました。前半の部・後半の部と2回、14の大学・専門学校の方に、その学校の魅力や取れる資格、また今すべきことなど、これからの進路選択に必要なことを学ぶことができました。生徒は真剣に先生方のお話を聞いて、自分の目標を考える良いきっかけになりました。今後は、パンフレットなどを参考に、オープンキャンパスに行き、目標を明確にして勉強に励んで欲しいです。

【普通科1年】総合的な探究の時間『デニム学② 〜井原デニムの未来を考えるワークショップ〜』

 普通科1年は6月25日(金)6,7限に地域のデニム関係の方10名とファシリテーターを務める一般・市職員の方10名をゲストにお招きし、『デニム学②』を実施しました。
 井原デニムに対する関心を高め、デニムを通して地域や社会を知り、自分らしさを生かして井原デニムの魅力拡大や課題解決につながる活動を、今後、課題研究として行って行きます。
 井原高校1年のために当日ご参加いただいたゲストの皆様、熱い思いを語ってくださり、ありがとうございました!デニム関係者の皆様、地域の皆様、引き続きよろしくお願いします!

 7月16日(金)には、世界的な課題を地域発で解決しようとする視点を学ぶ『SDGs研修』を実施します。

【普通科1年】『総合的な探究の時間』「RESASで『違い』を考える」

6月18日(金)6限に1年生は『総合的な探究の時間』で井原市と各自が自由に選んだ他の地域を「RESAS」のビッグデータで比較し、その「違い」から井原市の魅力や問題点を分析し、スライドの資料を作成してプレゼンテーションしました。着眼点が優れたプレゼンは、クラス全員の前で発表し、データを活用した説得力のあるプレゼンテーションの方法を楽しみながら相互に学びました。

来週は、デニム関係者の方々、井原市を盛り上げようと活躍されている方々を多数お迎えし、井原デニムの魅力や地域の可能性について、それぞれの今後のアクションにむけた課題設定につながるワークショップ『デニム学②』を行います。

【普通科】総合的な探究の時間『RESASを使いこなそう!』

6月4日(金)5,6時間目 1年生は総合的な探究の時間に、中国経済産業局 企画調査課 住田由香先生を講師としてオンラインで『RESAS(地域経済分析システム)』の使い方、読み取り方等を学びました。『RESAS』とは「まちづくり」にデータを活かすため、産業構造や人・物の流れなどの官民の様々なデータを提供する国のシステムです。1人1台端末を利用して、HR教室で全員が自分の端末と向き合い、実際に触れることができました。産業構造や人口動態、人の流れなどのビッグデータをどう読み取り、どう活用するのかを学ぶ良い機会となりました。
生徒達による課題研究での活用が楽しみです。
また、学習の様子を後日、井原放送で放送していただけるそうです。可能な方はご覧いただき、本校の学習内容をご覧ください。